公益社団法人 北海道理学療法士会

HOME > 道北支部 > 第2回 道北理学療法学術大会

道北支部

新着情報

第2回 道北理学療法学術大会
第2回道北理学療法学術大会を終えて
 
 2018年3月17日に旭川市民文化会館小ホールにて、第2回道北理学療法学術大会を開催致しました。参加者は130名と、予想を上回る参加人数となりました。基調講演では、弘前大学の対馬栄輝先生を講師にお招きしました。我々理学療法士がこれから進むべき道しるべをご提示頂きました。ご参加頂いた会員の皆様にとっては、本学会のテーマでもありました「理学療法士の近未来像」を考える機会になったのではないかと思います。一般口述演題は、14演題の発表がなされ、通常の学会よりも質疑応答の時間を長く設定したことで、活発な中にも道北学会ならではの温かなディスカッションが展開されました。また、対馬先生にもコメンテーターとしてご参加頂き、大変貴重なアドバイスを頂きました。今後の臨床研究の参考になりました。
本学会は、ベテランと中堅そして若手を結ぶ縦のつながりだけでなく、いろいろな病院や施設に所属する会員を結ぶ横のつながりも深められるようなアットホームな学会を目指しております。今後とも、道北支部の活動、そして本学会への多くの会員の皆様の参加をお願い申し上げます。
 
第2回道北理学療法学術大会
大会長 千葉恒