公益社団法人 北海道理学療法士会

HOME > 道北支部 > 第2回 道北理学療法学術大会

道北支部

新着情報

第2回 道北理学療法学術大会
~開催趣意~
 
テーマ「理学療法士の近未来像」
 
 北海道理学療法士会では道内の理学療法士数の増加を受け,地方学会の整備が進められてきております.道北支部においても543名の会員(2017年7月7日現在)を抱える中で,道北エリアでの学術活動の更なる発展と地域住民の健康増進を目指して,昨年度に引き続き,第2回道北理学療法学術大会を開催する運びとなりました.
 テーマは,職能団体としての本会,さらに一個人として理学療法のこれからを考える機会として,「理学療法士の近未来像」としました.2025年問題まで7年を切り,地域包括ケアシステムの構築が叫ばれている昨今,理学療法士への期待は益々高まっております.理学療法士15万人時代も到来しました.職場で会員の皆様が果たすべき役割は勿論のこと,5年先,10年先の社会情勢を見据えた視点を持ちながら日々の業務に取り組むことが,これからの時代,必要になるのかもしれません.そこで,基調講演では対馬栄輝先生をお招きし,これまでの臨床における理学療法の問題を整理して頂き,これからどのように対応していくべきか,そのために臨床研究はどのような位置づけにあるべきかについてご講演頂きます.会員の皆様が時代に即した「これからの理学療法」を考えるきっかけになれば幸いと願っております.
 また,目玉企画として,一般口述演題において座長に加え,基調講演の講師でもある対馬先生にもコメンテーターとして加わって頂き,各々の演題に対してコメントを頂けるよう考えております.
 本学会が,ベテランと若手を結ぶ縦のつながりだけでなく,いろいろな病院や施設に所属する会員を結ぶ横のつながりも深められるよう,大会役員一同準備を進めております。多くの会員の皆様のご参加を心よりお待ちしております.
 
第2回道北理学療法学術大会
大会長 千葉恒


<開催概要等は下記のファイルをご参照ください>
 
第2回道北学会 開催概要.pdf
第2回道北学会 基調講演 抄録.pdf


第2回道北学会 タイムテーブル.pdf
第2回道北学会 口述演題 抄録.pdf

第2回道北理学療法学術大会 出張公文書.pdf

<演題申込に関しては下記のファイルをご参照ください>

演題募集要項.pdf
演題申込ファイル.docx
ヘルシンキ宣言.pdf
臨床研究に関する倫理指針.pdf



<問い合わせ先>

第2回道北理学療法学術大会
準備委員長 小橋 泰文(北都保健福祉専門学校)
TEL :0166-66-2500
E-mail:douhokugakkai2nd@gmail.com