公益社団法人 北海道理学療法士会

HOME > 道南支部 > 道南支部 平成30年度 第3回研修会を終えて

道南支部

新着情報

道南支部 平成30年度 第3回研修会を終えて
平成30年11月10日、函館市医師会病院にて道南支部第3回研修会を開催致しました。
『臨床につながる触診技術~下肢・体幹を基礎から学ぶ~』というテーマで、北海道文教大学
の大森圭先生を講師としてお招きし、ご講演いただきました。
 「触診技術」としながらも座学をメインとした研修会でしたが、講師には可能な範囲でのデ
モンストレーションを、参加された皆さまには隣近所で検者と被験者を交代で実践していただ
く中で、解剖学や運動学等といった基礎知識、正常を把握しておくことの重要性を再確認する
ことができました。また、触診は臨床活動の中でただ繰り返していくのではなく、触診から得
られた情報は他のセラピストが感じた情報と同じであるか常にフィードバックし合い、磨いて
いかなければならないスキルであることも教えていただきました。
 限られた環境と時間の中で、講師をはじめ参加者の方々のご協力のおかげで、適度に体を動
かし、楽しみながら学びが得られる研修会となりました。
 来年度は、実技の行いやすい環境を皆さまにご提供できるよう、より良い研修会を企画して
まいります。
 
                  文責:函館市医師会病院 羽澤晃士(道南支部 学術教育部)

第3回研修会写真.JPG