公益社団法人 北海道理学療法士会

HOME > 道南支部 > 第4回 道南理学療法士学術大会を終えて

道南支部

新着情報

第4回 道南理学療法士学術大会を終えて
平成30年6月30日、ホテル法華クラブ函館にて第4回道南理学療法士学術大会が開催されました。
事前申込と当日参加を合わせ、約120名の支部会員にご参加いただきました。テーマは「臨床的バランス能力評価」
とし、基調講演を行いました。また口述発表2演題と8名の症例検討を行いました。基調講演では、函館整形外科
クリニックの吉田俊教 氏と函館脳神経外科病院の中田俊博 氏に、「整形外科」と「脳神経外科」 それぞれ違った
視点から有意義な講演をしていただきました。演題発表、症例検討も予定通り行うことができました。
大会の準備、運営に関しては不慣れな点も多々あり、関係者や参加された皆様にご不便やご迷惑をかけたことも
あったと思いますが、参加された方々が「勉強になった」と思っていただけたら幸いです。
今回の大会は、道南支部学術教育部のメンバーが中心となり、忙しい中、準備や運営に奔走してくれました。この場
をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。
理学療法士が爆発的に増加している昨今、これまでのような1か所集中での学会開催が困難になってきており、分科
会や地方会へとシフトしています。道南支部も約500名の会員数となっており、今後も支部での学会や研修会が継続
開催されていくと思います。支部会員の皆様におかれましては、本学会を研鑚・交流の場として、是非ご活用いただ
ければと思います。
 
 
                          第4回 道南理学療法士学術大会 大会長 荒  万佐大

学会.jpg