公益社団法人 北海道理学療法士会

HOME > 学術大会 > プログラム

学術大会・研修大会

学術大会

プログラム
〇基調講演
  テーマ:急性期理学療法に必要な知識 ~隠れた障害、リスクを想像する~  
  講 師:市立函館病院 リハビリ技術科長  山下 康次

〇シンポジウム① 高齢社会・がん共存社会に求められる理学療法
  タイトル:高齢社会・がん共存社会に求められる理学療法
  講 師:東京都健康長寿医療センター 研究部長  大渕 修一
  タイトル:がん共存社会における身体活動と運動の重要性
  講 師:神戸大学医学部附属病院 国際がん医療・研究センター  井上 順一朗

〇シンポジウム② 歩行について想像・創造する
  タイトル:臨床歩行分析におけるバイオメカニクス
  講 師:北海道科学大学 理学療法学科 助教  井野 拓実
  タイトル:こどもの歩行と発達 ~あんよはじょうず~
  講 師:札幌医科大学附属病院 リハビリテーション部  宮城島 沙織

〇道南支部企画セミナー 脳卒中の標準的理学療法実践に向けて
  タイトル:脳卒中の標準理学療法の実践に向けてー評価指標の活用と解釈-
  講 師:弘前大学 大学院 保健学研究科 准教授  髙見 彰淑
  タイトル:脳卒中の標準的理学療法実践に向けて
  講 師:帝京科学大学 東京理学療法学科 教授  潮見 泰藏

〇教育講演①
  テーマ:新生涯学習システム
  講 師:北海道理学療法士会 教育局長  加藤 新司

〇教育講演②
  テーマ:私が求める理学療法士、患者、医師との関係の理想像 ~肩周囲の痛みの診断から人を診る~
  講 師:ながさわ整形外科クリニック 院長  永澤 雷太