公益社団法人 北海道理学療法士会

HOME > 学術大会 > プログラム

学術大会・研修大会

学術大会

プログラム
基調講演 「理学療法士のワークシフト」
大ホールAB  7月28日(土)13:00 − 14:00
「理学療法士のワークシフト」
講 師:半田 一登 氏(公益社団法人日本理学療法士協会 会長)
司 会:太田  誠 氏(公益社団法人北海道理学療法士会 会長)
司 会:田中 まさし氏(公益社団法人日本理学療法士協会 理事)

特別講演 「ICTやライフログで変わる医療・介護の近未来」
大ホールAB  7月28日(土)14:00 − 15:30 
「ICTやライフログで変わる医療・介護の近未来
講 師 :藤野 雄一 氏(公立はこだて未来大学 情報アーキテクチャ学科 教授)
司 会 :田中 敏明 氏(北海道科学大学 保健医療学部 教授)

シンポジウム 理学療法のワークシフト~次世代に向けて~
大ホールAB  7月29日(日)10:05-12:05
「理学療法のワークシフト~次世代に向けて~」
講 師:金子 文成 氏(慶應義塾大学医学部 特任准教授/湘南慶育病院リハビリテーション部 副部長)
    斉藤 秀之 氏(医療法人社団筑波記念会顧問/公益社団法人日本理学療法士協会副会長)
       綿谷 美佐子 氏(株式会社ルシファ トレリハセンターまえだ 代表取締役)
司 会 :杉原 俊一 氏(第64回北海道理学療法士学術大会 大会長)


ランチョンセミナー
ランチョンセミナーA 酒井医療株式会社
物理療法の新しいエネルギー (ショックマスター)
講師:高橋 智士(酒井医療株式会社 販売促進室 上級専門職

ランチョンセミナーB オットーボック・ジャパン株式会社
変形性膝関節症に対する装具療法
講師:昆 恵介(北海道科学大学 保健医療学部 義肢装具学科)

ランチョンセミナーC アルケア株式会社
ベルト電極式骨格筋電気刺激法(B-SES)の適応と可能性
講師:久保田 雅史(福井大学 医学部付属病院 リハビリテーション部)


口述・ポスター演題
自主企画教育セミナー
自主企画教育セミナーⅠ 201・202 7月28日(土)11:00 − 12:00
北海道U40心血管理学療法ネットワーク
「心血管理学療法領域における若手理学療法士の継続可能な成長を考える」
講 師:阿部隆宏(北海道大学病院リハビリテーション部)、片野唆敏(札幌医科大学付属病院 リハビリテーション部)、角谷尚哉(北海道大学大学院医学院 循環病態内科学)
 
自主企画教育セミナーⅡ 204 7月28日(土)11:00 − 12:00
(公社)北海道理学療法士会 職能局職域事業部
「理学療法士の職域の可能性について」
講 師:石川直人(新さっぽろ脳神経外科病院)
 
自主企画教育セミナーⅢ 206 7月28日(土)11:00 − 12:00
整形外科外傷理学療法研究会
「「けが」専門の理学療法~整形外科外傷センターの理学療法士が考える実践的理学療法~」
講 師:小野寺 智亮(札幌徳洲会病院リハビリテーション科)、荒木 浩二郎(札幌徳洲会病院
リハビリテーション科)、菅原 亮太(札幌徳洲会病院リハビリテーション科)
 
自主企画教育セミナーⅣ 207 7月28日(土)11:00 − 12:00
日本運動器徒手理学療法学会北海道支部
「日本運動器徒手理学療法学会の紹介とスピードスケートナショナルチームにおけるOMPTの役割と活動について」
講 師:小谷征輝(札幌第一病院リハビリテーション科)
 
自主企画講座教育セミナーⅤ 201・202 7月29日(日) 14:20 − 15:20
「地方のリハ職って、どんなふうに働いているの?」
  講 師:大矢敏之(社会福祉法人さつき会)、三橋玲子(厚沢部町地域包括センター)、渡部和也(寿都町立寿都診療所)
 
自主企画講座教育セミナーⅥ 204 7月29日(日) 14:20 − 15:20
 どさんこスタディ
「下部尿路機能障害に対する理学療法士の役割〜実践編」
講 師:大内みふか(北海道医療大学)、高橋由依(北海道大学大学院医学院 腎泌尿器外科学分野)、横山美翔(医療法人潤和会札幌ひばりが丘病院)、高羅正成(医療法人ひまわり会札樽病院)
 
自主企画講座教育セミナーⅦ 206 7月29日(日) 14:20 − 15:20
「浮腫」を考える
講 師:佐藤明紀(北海道文教大学人間科学部理学療法学科)