公益社団法人 北海道理学療法士会

HOME > 学術大会 > 自主企画教育セミナー

学術大会・研修大会

学術大会

自主企画教育セミナー
自主企画教育セミナー
自主企画教育セミナーⅠ 201・202 7月28日(土)11:00 − 12:00
北海道U40心血管理学療法ネットワーク
「心血管理学療法領域における若手理学療法士の継続可能な成長を考える」
講 師:阿部隆宏(北海道大学病院リハビリテーション部)、片野唆敏(札幌医科大学付属病院 リハビリテーション部)、角谷尚哉(北海道大学大学院医学院 循環病態内科学)
 
自主企画教育セミナーⅡ 204 7月28日(土)11:00 − 12:00
(公社)北海道理学療法士会 職能局職域事業部
「理学療法士の職域の可能性について」
講 師:石川直人(新さっぽろ脳神経外科病院)
 
自主企画教育セミナーⅢ 206 7月28日(土)11:00 − 12:00
整形外科外傷理学療法研究会
「「けが」専門の理学療法~整形外科外傷センターの理学療法士が考える実践的理学療法~」
講 師:小野寺 智亮(札幌徳洲会病院リハビリテーション科)、荒木 浩二郎(札幌徳洲会病院
リハビリテーション科)、菅原 亮太(札幌徳洲会病院リハビリテーション科)
 
自主企画教育セミナーⅣ 207 7月28日(土)11:00 − 12:00
日本運動器徒手理学療法学会北海道支部
「日本運動器徒手理学療法学会の紹介とスピードスケートナショナルチームにおけるOMPTの役割と活動について」
講 師:小谷征輝(札幌第一病院リハビリテーション科)
 
自主企画講座教育セミナーⅤ 201・202 7月29日(日) 14:20 − 15:20
「地方のリハ職って、どんなふうに働いているの?」
  講 師:大矢敏之(社会福祉法人さつき会)、三橋玲子(厚沢部町地域包括センター)、渡部和也(寿都町立寿都診療所)
 
自主企画講座教育セミナーⅥ 204 7月29日(日) 14:20 − 15:20
 どさんこスタディ
「下部尿路機能障害に対する理学療法士の役割〜実践編」
講 師:大内みふか(北海道医療大学)、高橋由依(北海道大学大学院医学院 腎泌尿器外科学分野)、横山美翔(医療法人潤和会札幌ひばりが丘病院)、高羅正成(医療法人ひまわり会札樽病院)
 
自主企画講座教育セミナーⅦ 206 7月29日(日) 14:20 − 15:20
「浮腫」を考える
講 師:佐藤明紀(北海道文教大学人間科学部理学療法学科)

第69回北海道理学療法士学術大会 自主企画教育セミナー募集のお知らせ
 
 第69回北海道理学療法士学術大会では、理学療法の未来へ向けた各種団体による「自主企画教育セミナー」を下記の通り企画いたします。自主企画教育セミナーは、教育・研究・臨床を問わず、各勉強会・研究会等並びに各士会員個人の理学療法実践活動の援助のために開催され、特定の個人や団体の営利を目的としないものとします。内容は若手理学療法士に向けたものとし、大会テーマ「理学療法のワークシフト」に沿った形での企画立案をお願い致します。

日   程:平成30年7月28日(土)〜29日(日)
会   場:札幌コンベンションセンター
募集企画数:10企画程度
開催時間:準備を含めて約1時間(使用会場と時間設定は大会で設定させて頂きます)
座席数:スクール形式で約100名程度です。立ち見参加者の受け入れについては、主催者に一任致します。
会場使用費:無料(参加費などの発生はないものとします)
使用物品:スクリーン、プロジェクター、マイク2本はこちらで準備いたします。その他に必要なものは主催者側での準備をお願い致します。
 
応募方法
 自主企画教育セミナー申込書を大会ホームページからダウンロードし、必要事項を入力の上、受付担当へ電子メールで応募してください。なお、自主企画講座の申請は、道士会員に限らせていただきます。応募多数の場合は、大会運営委員会で企画採用の可否を検討の上、最終決定を大会長に一任させていただきますのでご了承ください。
 応募期間は平成30年4月2日(月)~4月27日(金)5月11日(金)まといたします。受付後、電子メールにて受付完了の返信を致しますが、応募後3日以内に返信の無い場合は、お手数ですが下記受付担当まで御連絡下さい。
 企画採用可否のご連絡については平成30年5月31日(木)までにご連絡致します。応募期間は厳守していただきますよう、お願い申し上げます。期間を過ぎての応募・修正依頼は受付いたしませんのでご了承ください。
受付担当:北海道文教大学人間科学部理学療法学科 橋田 浩
応募先、お問い合わせ先:hashidaアットdo-bunkyodai.ac.jp
(アットを@に代えてご使用下さい)