公益社団法人 北海道理学療法士会

HOME > 学術大会 > 優秀演題賞

学術大会・研修大会

学術大会

優秀演題賞
第70回北海道理学療法士学術大会 優秀演題賞

査読・座長ポイントの合計点数をもとに、以下の4演題を選出いたしました。
受賞された皆様、おめでとうございます。

【口述部門】
①演題番号21 
 AIによる動作解析 ―三次元動作解析装置との同期計測による妥当性の検証―
 北海道科学大学保健医療学部理学療法学科  井野 拓実 氏

②演題番号11 
境界型寛骨臼形成不全における関節不安定性
北海道大学病院 リハビリテーション部  喜澤 史弥 氏

【ポスター部門】
①演題番号80
 当院回復期病棟脳血管疾患患者の実績指数管理の検討~除外患者の選定について~
 社会医療法人 明生会 道東脳神経外科病院 リハビリテーション部  中浜 聡 氏

②演題番号62
 産褥期の骨盤痛が日常生活へ与える影響及び要因の検討
 松前町立松前病院   原田 裕輔 氏

優秀演題賞の表彰について
第70回北海道理学療法士学術大会では、本会の更なる学術的発展に寄与することを目的とし、大会長が査読、座長ポイントの合計点数をもとに優秀演題賞(口述:2演題、ポスター:2演題)を表彰することとしました。
受賞演題は、大会終了後にこのページにて発表いたします。

【採点について】
〇査読ポイント
査読委員(1演題に対して5名の査読)による査読ポイントの中央値平均:最大35点
〇座長ポイント
・プレゼンテーション10点
 ・口述  :スライドおよび発表の表現力
 ・ポスター:ポスターの見やすさおよび発表の表現力
・質疑応答5点
・口述・ポスター共通:質問に対する応答