公益社団法人 北海道理学療法士会

HOME > 理学療法士の皆様へ > 令和2年度本会主催の下半期事業等への対応について(お知らせ)

理学療法士の皆様へ

重要なお知らせ

令和2年度本会主催の下半期事業等への対応について(お知らせ)
令和2年8月24日
会員 各位
公益社団法人北海道理学療法士会
会長 太田 誠
 平素より本会の事業に対し、ご理解とご協力をいただき厚くお礼申し上げます。
 会員の皆様方におかれましては、新型コロナウイルス感染症の第2波が全国的な広がりを見せている中、予防対策に尽力しながら日々の診療を続けられていることとご推察申し上げます。
 誠に残念ながら現在のところ、新型コロナウイルス感染症については収束が見込めず、長期化するものと思われます。
 このような状況ではありますが、会員の安全を守りながら学習機会を確保するため、日本理学療法士協会が示す方針を参考に、本会主催の下半期事業について下記の方針で進めることとしましたのでお知らせいたします。
 皆様におかれましては、現状をご賢察の上、ご理解をいただきますよう宜しくお願い申し上げます。


1 本会が主催する研修会・講習会について
 原則として、リモート(Web)形式による開催とする。
 ※対面併用については、新型コロナウイルス感染症の状況を見ながら次年度以降の事業で検討する。

2 本会が主催する会議について
 原則として、リモート(Web)形式による開催とする。

3 客体事業への本会会員の派遣について
(1)外部主催の各事業には、主催者側の新型コロナウイルス感染拡大予防策を鑑み、所属長の許可を得る又は指示を仰ぐなど、総合的に判断して対応する。また、対応に際しては、日本理学療法士協会が作成した「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(第1版)」を遵守する。
(2)外部主催の会議については、可能な限りリモート(Web)形式で対応することとし、対面で出席する場合は前記(1)と同様の対応とする。

参考:「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(第1版)」