公益社団法人 北海道理学療法士会

HOME > 理学療法士の皆様へ > 【期間延長1/17まで】「第7回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・北海道」への協力のお願い

理学療法士の皆様へ

重要なお知らせ

【期間延長1/17まで】「第7回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・北海道」への協力のお願い
健康スポーツ局 局長 長井豊貴
謹啓
寒冷の候 会員の皆さまにおかれましては益々活躍のこととお喜び申し上げます。
平素は本会の活動に際し格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、スペシャルオリンピックス日本(以下「SO」という。)より,2020年「第7回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・北海道」へ本会に対して理学療法士を派遣協力してほしいとの依頼がありました。
SOは、スポーツを楽しむ機会が少なかった知的障がいのある人達にスポーツを通じて社会参加を応援する全国の団体です。本会としては、知的障がい者等の保健福祉の向上に寄与することから支援協力することを了承し、ボランティアではありますが、会員の皆さまからご協力くださる方を広く募ることといたしました。
理学療法士の具体的な支援内容としては、冬季ナショナルゲームの参加者(アスリート)に対して、ヘルシー・アスリート・プログラム(HAP)を理学療法士の立場から援助することです。HAPは,アスリートのコンディショニングのための評価であり、アスリート本人、コーチとファミリーの健康に対する意識や知識の啓蒙を行い、生活の質の向上を目指すプログラムです。詳細は、http://www.son.or.jp/activity/hap.html を参照願います。
このプログラムに参加する事で臨床にも応用できる技術と経験を得ることができるものと考えられます。是非、この機会にボランティアとして参加へご協力いただけますようお願いいたします。 
敬具
【第7回スペシャルオリンピックス日本 冬季ナショナルゲーム・北海道 PTボランティア募集】
1.日程 :2020年2月21日(金) - 22日(土)
2.時間 :
  2020年2月21日(金) 9:00~15:00頃
  2020年2月22日(土) 9:00~17:00頃
3.会場:北ガスアリーナ札幌46(住所:札幌市中央区北4条東6丁目)
  ※会場・ボランティア業務によって時間が若干前後する場合があります。
4.募集人数:各日35名程度(ファンフィットネス部門20名、フィットフィート部門15名)
5.募集要件:(公社)北海道理学療法士会員、および理学療法を学ぶ学生とします。
  ※札幌市内および近郊(小樽・岩見沢・千歳など)にお住まいで、可能な限り両日ともに参加可能な方。
6.活動内容:健診、会場設営・撤去等
  ※参加にあたり、開催前に会場にて部門毎の研修を受講していただきます。
7.服装・費用:
 (1) 大会ボランティアウェア(上着のみ)とIDカード支給。活動中は着用していただきます。
  ※各企業・団体名のロゴやバッジ・シール等を大会ボランティアウェアへ貼付することは禁止します。
  但し、各企業・団体のオリジナルの帽子着用は可。
  ※ボランティアウェアは数に限りがあり、全員に支給できない場合があります。
 (2) スニーカーなど動きやすい格好。
  ※ジーパン、ヒール等での参加は禁止。
 (3) 活動時間に応じて、飲料・昼食(お弁当)を支給されます。
 (4) 報酬・謝礼及び交通費、その他ボランティア活動に係る費用の主催者からの支給はありません。
  ※但し、(公社)北海道理学療法士会会員は、本会より交通費の支援をいたします。
8.保険:主催者(SO)にて傷害保険に加入しています。
  ※活動中の事故や傷病への補償は、その保険の範囲内で補償されます。
9.募集期間:2020年1月13日(月)1月17日(金)まで
10.申込方法:参加募集用URL(https://ws.formzu.net/fgen/S38329451/)よりお申し込みください。
11.お問合せ先:北海道理学療法士会 健康スポーツ局 障がい者スポーツ支援部 佐藤まで
  E-mail:dsports.health.hpta@gmail.com  にてお問合せ下さい。

*本ページの内容を印刷される場合には、以下のリンクよりpdfファイルとしてダウンロードしてご利用下さい。
2020SOannnai.pdf